投稿

お知らせ

自己評価について

2019年度の自己評価結果を開示致します。
今後も、より良いサービスの提供に向けて努力して参ります。
下部に、2016年度、2017年度、2018年度の自己評価結果も掲載しております。

【2019年度事業者向け自己評価】
アンケート実施期間2020年1月〜2020年2月



 【2019年度保護者向け自己評価】
アンケート実施期間2019年12月〜2020年1月

【2019年度保護者向け自己評価への対応・対策】



【2018年度保護者向け自己評価】
アンケート実施期間2018年12月〜2019年1月


【2018年度事業者向け自己評価】
アンケート実施期間2018年12月〜2019年1月




【過去の自己評価】

2016年度保護者向け自己評価
アンケート実施期間2016年12月
回収率63%


2016年度事業者向け自己評価
アンケート実施期間 2017年1月9日〜14日
アンケート対象 常勤職員3名 非常勤職員3名



2016年度の保護者向け自己評価結果とその後の経過について 2017年12月17日保護者会資料

2020/6/18  通所支援の感染対策

イメージ
今週から、学校給食が開始となり、授業が午後までになりました。
トライきっずもそれに合わせて、受け入れ時間を変更しています。

定員10名なのですが、人数を半分以下にするために、2部制に変更しています。
在宅支援も継続中です。
こまめな消毒はもちろんのこと、3密にならないように、換気をし、お天気の良い日は外での活動時間を増やしています。

来所時は事業所入り口で、検温・体調チェック、入室前の手の消毒、お荷物チェックをおこなっています。


いろいろな場所を手で触る機会を防ぐため靴箱の使用はお休み中です。
保護者様やお客様と応対の際は、アクリルパーテションを使用しています。

手洗いは自動のハンドソープを使用。 手の洗い方のポスターを見ながら、ハンドソープが白くなるまでしっかり洗っています。


荷物棚は、物を取りに行く時の混雑や、不要な移動を減らすために机の上で管理します。 机は一人一台使用。共用を防いでいます。


共用を防ぐため、学習用具、文具、水筒、縄跳び、書籍などは貸し出しを中止して、ご持参いただいています。

遊具は、プラスチック素材のものなど、消毒できるもののみを使用。 使用後は消毒しています。

ソーシャルディスタンスを守りながら、お友達と遊ぶ方法を、お子さんたちがたくさん覚えて、コロナ渦でも安心安全に遊べるようになればと思います。 ストレスにならないように、できるだけ自然に身につくように支援していければと思います。

2020/5/30 在宅支援3週目終了

イメージ
5月25日緊急事態宣言が解除されました。 トライきっずは、5月在宅支援を行なってきました。 6月からはどのように運営するのが、ご利用者様のために良いのか… 国や都からの通知、学校の情報、ご家族へのアンケート、スタッフの状況など、様々な視点から検討を重ねております。 なかなか6月からの運営について、お伝えすることができずご迷惑をおかけします。
さて、5月最終週の支援の様子をお伝えします。 今週のランチクッキングはオムライス作りをしました。






創作活動の様子です。

英語クラスの、数字とカラーの塗り絵課題です。

動画を使用した支援は、5月で終了することになりました。
見てくださった皆様、製作スタッフ、ありがとうございました。




2020/5/23 在宅支援2週目終了♪

イメージ
在宅支援2週目が終わりました。

ご利用ニーズとしては
「絵画、創作、運動、余暇、個別のコミュニケーション支援」が約30%。
「集団活動」が約30%。
「学校の課題等の学習支援」が約20%。
「英語」が約15%。
「クッキング、その他」が約5%
という感じです。

1週目は、バタバタしていましたが、2週目に入って支援内容も充実してきました。
ご利用者様の了解を得て一部録画させていただき、ケース検討会を行なったり
空き時間に他の支援者の支援を見学し意見交換するなど、支援向上に向けての研修やミーティングなども行うことができました。

オンラインでの支援はお子さんたちにとってもとても良い効果が出ています。
事業所で行うよりも、環境に左右されず、集中して取り組めるお子さんが多いですし
聴く力、話す力もぐんぐん向上しています。
自由にお子さん同士で、おもちゃで遊ぶことはできませんが、オンラインの良さも実感しています。

支援の一部を紹介します。

★「お届けトライ」(動画を使用した事前学習と電話やオンラインを組み合わせた支援)
週1回のペースで、「ことわざ」と「英語」の動画を配信しています。
電話やオンラインでのフォローアップでは、ことわざや英語の復習や解説とSSTとしてスピーチ練習をおこなっています。
2週目は在宅支援希望されなかった方にも、無償で動画配信を行いました。
「久しぶりにスタッフの顔を見れて楽しかった」などのお声を頂いています。



★ランチクッキング 先週はおにぎり作り、今週はサンドイッチ作りでした。 休校中のランチ作りができるようになればと行っています。 「また作ってみました」「家族が喜んで食べてくれました」などの報告メールをいただけるととても嬉しくおもいます。








 ★「学習運動」
午前のプログラムです。30分間の学習支援のあと、PTと一緒にオリジナルソングに合わせて体操をしています。
「運動不足なので、体を動かせて気持ちい」とスタッフも一緒に体操しています。

2020/5/13 在宅支援開始3日目終了!

イメージ
在宅支援を開始して3日。
新しい試みに、まだ慣れないところではありますが、スタッフや保護者様のご協力もあって、どうにか落ち着いて来ました。

昨日は、武蔵村山市社会福祉協議会から「お子さんのおやつに・・」と
お煎餅のご寄付をいただきました。
在宅支援ご利用者様宅に教材配達の機会があったので一緒にお届けしました。
お子さんとご家族に喜んでいただけたらありがたいです♪




オンライン支援では、工作、調理、学習、SST、運動などなど様々な支援を行なっています。
「お子さんたちは緊張するのではないか」「慣れないことに戸惑うのではないか・・・」との心配をしていましたが、みなさんいきいき活動に参加されています。
お子さんたちのたくさんの笑顔と成長に、スタッフの方が元気をいただいている感じです。

いくつか活動の写真を送っていただいたのでご紹介させていただきます。

ダンボールこま作り。
配色も綺麗です!
コマを作るだけではなくて、お子さんとお母さんとスタッフと一緒に、色々な比較研究を行いました。
それぞれのお子さんが、どんなことを考えて、どんなふうにまとめるのか楽しみです!

紙コップロケット。 こちらも、お子さんによっていろんな発想が出てくるので、毎回驚かされます。 色々な飛ばし方を考えてくれるお子さんや、デザインを工夫してくれるお子さんがいて スタッフも毎回楽しませていただいてます。 こちらはスイカの皮が発射すると、美味しそうな真っ赤なスイカが登場するロケット。 「本物のスイカもこんなふうに皮が取れたら食べやすいよね〜」 「皮はどこまで食べることができるんだろう」 いろんな話で盛り上がりました。

ランチクッキング 初回のおにぎり。
2回、お手本を繰り返し練習を行なったあと、自分一人で作りました。
美味しそうなおにぎりがたくさん!
ご家族と召し上がったそうです。



この他にも、英語や学校の宿題など「楽しかった!」と取り組んでくださるお子さんがたくさんいて嬉しかったです。

まだまだ、ご不便をおかけすることがあるかと思いますが
支援提供を継続できるよう、頑張って参りたいと思います。
よろしくお願いします。



2020/5/11 在宅支援再開しました!

イメージ
4/11~5/10まで通所事業をお休みさせていただきました。
その間、4/8~11まで在宅支援としてonline支援を行いましたが
事情により4/11~5/10まではそちらお休みとなりました。

支援の継続ができずとても残念な思いでおりましたが
本日5/11、やっと在宅支援を再開することができました!

今回はしっかりと準備を行い、訪問支援、動画と電話による支援、online支援など各種ニーズに対応できるようにいたしました。
時間も短時間ではなく、ご希望によって複数の時間帯を利用できるようにいたしました。

本日は教材を各ご家庭に配送。
週に1回の限定公開動画も配信開始しました。




初回、ご利用者様は少なめでしたが、皆さんとても元気よく参加してくれました。
お子さんたちの元気な姿を見ることができて、スタッフ一同安心致しました。
内容は、学習と運動、創作活動、SST。
とりあえず5/31までの3週間行います。

onlineのセッティングしてくださった保護者の皆様ありがとうございました。

追伸
9日、online保護者会には9家庭10名の保護者様がご参加くださいました。
活動へのご意見を頂戴できたこと、大変感謝しております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。








2020/3/27 「玉川上水散策」「スライムづくり」

イメージ
今日は「こもれびの足湯」へ行こう!ということで 玉川上水沿いを40分ほど歩きました。
途中桜を見たり、お花を見たり カモをみたり、電車の車庫をみたり。 ずいぶんと長い道のりでしたが、みんな元気に歩くことができました。




やっと足湯に到着! …と思ったら、今日から突然の臨時休業が決まったようで 張り紙がはってあり、中に入ることが出来ませんでした。 とても残念ではありましたが、気持ちを切り替えて近くの公園に移動し 鬼ごっこなどを行いました。 帰りは、送迎車を出しました。 お友達との距離をとるため1列に子どもは1名、換気をよくするために窓を開けて運行しました。

トライきっずに帰ってからお弁当。 感染症対策で、一人一席。 同じ方向に向かってお食事です。 淋しいですが、感染症が落ち着いたら、みんなで楽しくお食事会をしたいねとみんなでお話しました。

お食事後にまとめの会。 足湯がお休みでしたが、みんなよかったことをたくさん見つけてくれました。 「ダイエットになった!」 「頑張って公園行けたから嬉しかった。鯉やカモが見れた!」 「お友達とたくさん話ができた」 「おいかけっこができた。桜も見れて思い出がつくれた」 「冒険できた」 「ひさしぶりに車に乗れた」 みんなが優しい気持ちで、いろんなことを捉える視点を持てていることに
お子さんたちの成長を感じました。
コロナウィルスの影響で、日々いろいろなことが変化しているので 情報収集を心掛けたいです。

午後はスライムづくりを行いました。
どういう仕組みで硬くなるのか、どのラメを組み合わせるときれいな色ができるのか みんな試行錯誤しながら作っていました。





2020/3/26 「バドミントン」「粘土細工」

イメージ
いつもならば、卒業式を終えお子さんたちの成長を感じつつ ワクワクして迎える春休み。 今回は、新型コロナウィルス感染防止のため どのように運営するのがベストなのか、行政からの通知を待ちつつ
各方面から情報収集を行い、試行錯誤の開催となりました。
保護者様からのご意見として、運動不足や 学校という集団生活がなくなり家庭で過ごすことが多いため
集団の中での役割意識や他者との関係性の低下などをご心配されるお声を頂戴しました。
お天気の良い日は、クラスター感染のリスクとなる3要件を回避する目的もあり 公園へおでかけし体を動かすことにしました。

まずは、事業所を出る前に係分担。 バドミントン部部長 ストレッチリーダー ラジオ体操リーダー 筋トレリーダー マラソンリーダー 素振りリーダー ゲームリーダー 整理体操リーダーを決めました。
公園について、お友達との距離を確認した後 部長の声掛けの下、各リーダーに 内容を考えてもらいながら運動しました。
まずはストレッチ ラジオ体操 筋トレ  マラソン 

素振り

 最後はラリー

 続くかな?