投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

12/17保護者、支援者向けの学習会を開催します

イメージ
12月17日(日)トライきっずはクリスマス会を開催します。 15時からは、保護者様や支援者向けの学習会も行います。 どなたでもご参加いただけますので是非お越しください。
講師を外部からおふたりお招きしています。 トライきっず職員の多くも受講している「DDCLラーニング」の前田氏と 立川の就労移行支援事業所「ひゅーまにあ立川」の三井氏、井狩氏です。 テーマは「将来に向けて今身につけておきたいこと」 前田氏からは、未来に向けて可能性を拓くためにどのような関わりができるのかについてお話ししていただきます。 三井氏、井狩氏からは、就労支援の現状と、「働く」ために小さな頃から身につけておきたいことについてお話をしていただきます。
お子さまの未来に向けて考えるとともに、支援者の繋がりが広がる機会になればと考えております。 皆様のご参加をお待ちしております。

11/15 本日災害伝言ダイヤル体験できます。

イメージ
毎月15日の午後は、災害伝言ダイヤルの体験利用を行なっています。 使い方は下記の通りです。
①171にダイヤル ②ガイダンスが流れます。2をダイヤル。 ③トライきっずの電話番号 0428436273 をダイヤル ④メッセージの再生 プッシュ式の方は 1をダイヤル。  回転ダイヤルの方は そのままお待ちください。
体験利用は本日24時までご利用いただけます。 本日のメッセージは青柳が担当しております。 是非、お試しください。



11月「おやつを作ろう」

イメージ
11月の「手作りおやつ」ではみかんジャムを使ったスイーツを作りました。 このみかんジャムは、11月3日のイベント「みかん狩りへ行こう」で 皆で収穫し調理したものです。 月曜日と水曜日は「クレープ」、木曜日は「ホットケーキ」にジャムやスプレー、アイスをトッピングして食べました。 「ジャムは苦手」だと言っていたお子さんも、お友だちが食べている姿を見て試しに一口。 思いがけず美味しかったようで「おかりは出来ますか?」と喜んで食べてくれました。
お子さんによっては好き嫌いもあり、得意ではないおやつが出ることもあります。 そんな時は、お子さんが食べれるものを選び「これだけ食べます」伝えてくれることもありますし
今回のようにチャレンジしてみることもあります。








手作りおやつ週間、最終日は「みかんジャム」を練り込んだマフィン作りでした。 一人一人自分のマフィンを作り 焼きあがるまでの時間は、学習を行いました。 焼きあがるとお待ちかねのおやつ。 前日まで「ジャムはいらない」と言っていたお子さんも、とペロリと完食。 「ジャムが入っていたんだよ」と伝えると 「美味しかった」とはにかみ笑顔が見られました。 得意でないものも 楽しいおやつタイムをきっかけに食べられるようになってくれたらと思うスタッフでした。




  






11/3 秋の遠足「みかん狩りへ行こう」

イメージ
武蔵村山にある「小林農園」さんに「みかん狩り」へ行きました。 前日まで雨の心配をしていましたが 暑いくらいの陽気となり 汗をかきながら収穫を楽しんできました。

小林農園到着後 まずは農家の方からお話しを聞きました。 美味しそうなみかんを目の前に食べたい気持ちを抑えながら みんなしっかりとお話しを聞く事が出来ました。
まずはみかんの食べ放題。 「日が当たってる方が甘い」と聞き、みんなで美味しそうなみかんを探しました。 「こっちが甘いよ」「うーん、こっちも食べてみて」と 剥いたみかんをお友だちと交換しながらたくさんのみかんの味を楽しむ事が出来ました。


お腹がいっぱいになったところで お土産用もみかんをを収穫しました。 大切な家族へおお土産。 お子さん達はじっくり吟味してみかんを収穫していました。

みかん畑でお昼ご飯。 青空の下 お友達と食べるお弁当はとっても美味しかったです。
昼食後は里山民家まで遊びに行きました。


原っぱで鬼ごっこをしたり、民家の中で伝承遊びをしたり
田んぼのあぜ道をお散歩したり、竹馬に乗ったり・・・ それぞれが楽しい時間を過ごしました。

トライきっずに戻ってから 希望者は「みかんジャム」を作りを行いました。 近隣施設の調理室をお借りしてジャム作り。 収穫したみかんの皮を剥き、薄皮も剥がした後ミキサーにかけてとろとろにします。 「僕がやるよ」「私がやりたい」と積極的にお手伝いをしてくれました。